そばの栄養

そばは食品ですから、どれくらい栄養のあるものなんだろうと疑問に思っている人も多くいらっしゃると思います。では、もりそば1杯でどのくらいの栄養になるのでしょうか。

一般的には、そばは幅広い栄養が取れるものといわれています。身体に悪い影響を与えるような成分もなく、自然な成分しか含まれておらず、健康にも良いとされています。

そして、実際にそばは栄養価の高い料理となっています。小麦よりもそばの方が、同じ分量で10倍くらい栄養価が高いのだとか……。カロリーに関しましては、お米とは同じ分量で同じくらいになります。ただし、そばの方がかさが増すので、お米ほどカロリーを摂りすぎないで済むようになります。

また、たんぱく質に関しましては、そばが圧倒的です。人間の身体はたんぱく質がないとやっていけません。たんぱく質はいっぺんに摂っても意味がなく、毎日必要な分を摂取しなければいけないのです。余分な分は捨てられてしまいます。たんぱく質がどれくらい含まれているかを示す数字では、そばでは、80、お米は、72、小麦は、47になっています。これは100に近いほど、良質ということを表すのですが、そばが圧倒的に高いことがわかりますね。

また、そばにはビタミン系が豊富に含まれています。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) やっぱりそばが好き All Rights Reserved.