やっぱりそばが好き TOPメニュー >代表的な薬味~ねぎとわさび~

代表的な薬味~ねぎとわさび~

そばの薬味といえば、まずねぎが思い浮かぶと思います。つゆに浮かせて食べるのは、誰もが知っているほど一般的です。ねぎは風味が抜群にそばとマッチします。最初の香りとしては、ねぎに勝るものはないかもしれませんね。ねぎには、ほどよい香りと辛み成分が主な薬味としてのはたらきです。口の中を刺激し、唾液の分泌をうながし、食欲を増進させます。現代ではあまり聞かないものの、関東では深谷ねぎや宮ねぎ、千住ねぎなどのねぎが使われていました。口の中をさっぱりさせるのにも、とても役立ちます。

また、わさびは、これまた代表的な薬味ですね。そもそも、わさびを使う料理はそれほど多くなく、そばは数少ないわさびを使う料理のうちの1つではないでしょうか。そば屋さんの中には、本わさびを売りにして、贅沢感を出しているところも多いようです。しかし、わさびはあまりに刺激が強すぎる薬味であり、場合によってはそばの風味を台無しにしてしまう可能性があります。そのため、そば好きの人の中には、わさびは邪道だとする向きの人もいるようです。

しかし、その強すぎる刺激は、口直しとしてそれ以上にない効果を発揮してくれます。わさびがないと、そばを食べ飽きてしまうという人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) やっぱりそばが好き All Rights Reserved.